2013年

5月

11日

水族館

 

 

 

5月28日までの使用期限付きチケットを、

 

とうとう使い、久方ぶりの桂浜水族館へ行きました。

 

生憎の雨。かと思いきや、くもり、雨、そして晴れ。

 

駐車場は県外ナンバーがほとんどでした。

 

久方ぶりの観光地に雨粒のことも忘れいざ水族館へ。

 

途中、龍馬に接近コーナーに寄り道し、いざ水族館へ。

 

入り口は混雑もなくとてもとてもスムーズ。

 

イルカショウ後の3組限定ふれあい体験の整理券を

 

入手するために整理券箱のまえを行ったり来たり。

 

なんなく手に入れ、あざらしコタロウ君のエサやり体験へ。

 

思いのほか、おおきなコタロウ君にもおびえることなく

 

息子は鯵をつかんで食べさせてあげました。

 

館内くまなくめぐり、ウミガメにエサをあげるも

 

周りの魚が素早い動きで奪い去るのでカメは食べられず。

 

おまけにカメの背中に落ちたエサのおかげで魚が跳ね

 

水を浴びる息子たち。ほかのお客様にもご迷惑おかけしました。

 

そしてイルカショウも感動の間に終了。

 

ふれあいタイムも、まさに充実のふれあいっぷりに親子ともども感動。

 

そして雨上がりに浜辺を散策。

 

締めのアイスクリンで桂浜を後にしました。

 

小さい頃の記憶と変わらないものが一つ。

 

それは、それはそれは香ばしいイカ焼きの匂い。

 

高知県民はこうして代々こどもを連れて

 

一度は桂浜水族館を訪れるのでしょうね。