2013年

6月

01日

つばめ

 

 

 

きょねん、ヘビに襲われながらも生きながらえた つばめの子。

 

ことしもまた、同じ場所で子育てをはじめました。

 

体調を崩し隠居している父がヘビの見張り役に任命され、

 

毎日、さくらんぼの木陰に腰掛けて成長を見守っていたところ

 

体調1mを超すヘビがとうとうやってきたそう。

 

死闘の末、ヘビは退治され ヒナたちは何事もなかったかのよう。

 

ヘビもつばめも同じ“ひとつのいのち”として考えた時、

 

退治ではなく、もっとちがった巣の守り方があればいいと思い、

 

「木酢酸が効くよ。」との情報を得、さっそく試してみることに。

 

今年のヒナの子は4羽です。

 

無事巣立っていきますように。