2013年

6月

08日

遠回り

 

 

 

 

この週末は、仕事の関係で高松に。

 

久しぶりに街を歩く。

 

健康のために無駄に遠回りをして駅周辺もくるりと一周。

 

歩くことで蘇るかすかな記憶があること。

 

息子も一緒だったのですが、街の周辺地図を片手に

 

「今どこのあたり?」と随時確認作業を怠りません。

 

息子にとってとても安心感のない母なのだなと痛感。

 

ちなみに、方向音痴では全くないのですが。

 

彼の目的の本屋さんは商店街のど真ん中。

 

これまた地図を片手にたどり着きました。

 

児童書のコーナーは4F。

 

お客さまもまばら、過ごしやすい空間で

 

ゆったりと本を選ぶことができ、大満足。

 

夕飯は大戸屋さんで。

 

彼の一声で決定。

 

腹ペコでしたので、小鉢をいくつか頼み満腹に。

 

大人ですので加減を覚えなくては。反省。

 

帰り道、横断歩道ではなく歩道橋を渡る。

 

近道ではなく遠回り。

 

だけど、そこからしか見えない景色があることに

 

気付けてなんだか嬉しくなりました。

 

やさしい穏やかなひと時に感謝。