2013年

12月

03日

富士日記

 

 

今朝は天気がすこぶる良いので気分までよい気になり、久しぶりに歩く。

 

空は高く澄みどこまでも青くて本当にきれい。

 

寒いのは苦手だけれど、この冬枯れの風景はとても好きなのだと思い入る。

 

こんなにも空が青い日の朝は、いつも富士日記を思い出す。

 

ずっと好きでこれからもずっと大切な一冊。

 

百合子さんが生きた時代も、いろいろとあったのだろうな。

 

あたしが生きるこの時代。

 

なんだかちょっとおかしな世の中になってきていること。

 

気付かぬふりは難しい。

 

人が人として安心して暮らせる世界を築きあげていかなくては。