2014年

1月

10日

知るということ

 

 

いそじんの効果でおかめのぷつも消え一安心。

 

そんな折、太陽光のことで知らなかった事実を知り愕然とする。

 

無知は罪。そういう気持ち。

 

感覚だけを頼りに暮らす癖はやめないといけない。

 

信じることも大切。

 

でもその前に学ぶこと。

 

きっとそれぞれの立場があってお仕事があって、

 

その方々もそれを糧に暮らしていること。

 

それも分かる。

 

分かるけれども、その仕事がみんなにとっての親切なのかということ。

 

お金を儲けなくてはならない。

 

それも分かる。

 

けれども仕事は人に喜ばれるものでなければならない。

 

あたしはそう思っているのです。

 

そして息子には、人に喜ばれるお仕事に就いてほしいと思う。

 

本当。世の中は法律や憲法やいろんな難しいことを知り、

 

それをうまく利用できる人たちが生きやすいのはやっぱりおかしい。

 

一生懸命働いている人が幸せでない国は本当に悲しい気がする。