2014年

10月

12日

カメラカメラカメラ

 

 

須崎市で10月11日よりはじまったアートイベント、

 

“現代地方譚2 アーティスト・イン・レジデンス須崎”の一環、

 

フォトグラファー森本美絵さんのワークショップに参加。

 

普段はお出かけやワークショップには一切関心を示さない息子が、

 

突然「ぼくもいきたい!」と言った。

 

滅多にないことなので、もしも定員オーバーでなければと追加を申し込む。

 

台風19号が接近している最中、高知市から友人も汽車に乗り雨靴姿でやってきた。

 

時折吹く風は強いけれど、雨粒はなんとか大丈夫。

 

そんな中ワークショップは始まり、チェキワイドを首からぶら下げた息子は、

 

町並みや辺りの景色をどんどん激写していく。

 

最後の方は這いつくばって。

 

とても太っ腹な企画にフルフルとなる感動を押さえつつ、

 

激写に励む息子を激写するという図が自然と出来上がり、

 

持ち帰った写真を眺める作業も最高に楽しくて、

 

久しぶりに本当に楽しい!と思えたワークショップ。

 

何より森本美絵さんの持つ空気感がとても心地よくて、

 

人見知りの息子も楽しそうだったのが印象的。

 

いただいたアドバイスを大切にワイドチェキ購入ただいま検討中。

 

出会いに日々感謝して。